会話のネタに困ったら「今日は何の日?」に、ちょっとした使えるを雑学プラス

未分類

皆さんは毎日誰かと何回くらい会話をしていますか?

色んな方と会話をする中で、”毎日顔を合わせてるし話のネタがない”

お仕事されている方の中で朝礼などでスピーチしないといけないけど、”いいネタとかないから話が続かない”

なんて方も多いんじゃないですか?

そんな時にも役に立つ、ちょっとした話のネタにもってこいといえば

 

今日は何の日・〇〇記念日

 

コレを覚えておけば、ちょっとした会話やスピーチのネタにピッタリ!

毎日色んな記念日などがあって覚えられないくらいですが、ちょっと皆が知らないような記念日ネタだと、雑学もたくさんあるように見えて良いかもしれませんね!

中には、「えっ!こんなのも記念日?」というものもあるので、ぜひ覚えて明日の会話で披露してみましょう!

では7月5日の記念日はコチラ

スポンサーリンク

穴子の日

穴子→あなご→あな(7)ご(5)で穴子の日

穴子といえばお寿司のネタなどが上がると思いますが、実は夏が旬の食材であり、うなぎと同様に夏バテ対策にも効果の高い食材なんです!

一般的に精力をつけるという意味でもうなぎが重宝されていますが、穴子もうなぎの近縁種であり、栄養価がとても高いんですよ!主な成分としては、ビタミンAやカルシウム、ビタミンB群も多く含まれていて、うなぎのように夏バテ防止や食欲減退防止などの効果が期待で来るんです。

この時期のうなぎはちょっと高いからという方は、穴子を食べて暑い夏を乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク

ビキニスタイルの日

1946年の7月5日、フランスのファッションデザイナーであるルイ・レアールが

「世界で最も小さい水着」

としてビキニ水着を発表した日なんです。

今でこそ刺激的でも水着としてはポピュラーなものとなったビキニですが、実は当時としてはかなり刺激の強いものだったそうで、アメリカでは1960年代初頭までは一般的なビーチでは着用が禁止されていたほど。

その衝撃的な水着の名前の由来も、発表の4日前に行われたビキニ環礁の原爆実験のあまりの衝撃からビキニという名前になったそうです。

確かにビキニといえば衝撃的ですよね!

 

スポンサーリンク

江戸切子の日

ガラス細工の江戸切子の文様の一つにある魚子(ななこ)

魚子(ななこ)→なな(7)こ(5)→江戸切子の日

江戸切子には約10種類の文様があり、その中でも高い技術力が必要とされ職人の腕が試される文様が魚子なのです。魚子の名前の由来は、魚を古くは「な」と呼んでいたそうで、魚の子の「なのこ」がなまってできた名前だそうですよ。

夏といえば冷たく冷やした飲み物を飲む機会も増えると思いますが、美しい江戸切子のグラスで飲めば涼しさも増していいかもしれませんね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました