工藤信大郎容疑者の犯行現場のアパート特定!父親殺害の動機とは!? 札幌市白石区

7月25日、自宅アパートの駐車場で父親を刃物で殺害した、工藤信大郎容疑者(48)が逮捕されました。

父親は腹部に刺し傷や切り傷など10ヶ所近くがあったそうです。

その凄惨な殺害現場となった、工藤信大郎容疑者の自宅アパートが特定されました!

また、Facebookなどでも調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

犯行現場となった自宅アパートがコチラ!

報道発表からの住所をストリートビューで検索してみました。

北海道札幌市白石区北郷4条13丁目

街路樹や周辺の家などからみてもコチラで間違いないですね!

 

スポンサーリンク

父親殺害の動機とは一体?なぜ犯行に及んだのか?

25日、札幌で父親の腹を刃物で複数回刺して殺害しようとした疑いで、48歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、札幌市白石区北郷の工藤信大郎(くどう・しんたろう)容疑者48歳です。

工藤容疑者は、25日正午ごろ、自宅アパートの駐車場で、父親の工藤信吾(くどう・しんご)さん75歳の腹を、刃物で複数回刺した殺人未遂の疑いが持たれています。  信吾さんは、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

「(父親は)時々来るくらいだった。もともと仲はよくないと言ってましたね、お父さんと息子さん」(近所の人)

工藤容疑者は自ら警察に通報していて、容疑を認めているということです。

近所の人の証言にもあるように、時々しか来ない父親で、親子仲も良くないことで知られていたようです。

一体、どのような心境で犯行に及ばなければならなかったのか?

複数回刺す行為とは、よほど強い憎しみなどがあったとうかがえます。

このことから、金銭のトラブルや、息子の生活についての話から発展しての犯行に及んだのではないかと推測されます。

詳しい動機が分かり次第、追記していきたいと思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました