糸井達也容疑者のFacebook特定!?過去にもあった京都大の不祥事とは?

ニュース
スポンサーリンク

京都大桂キャンパスの収賄事件概要

京都大が発注した桂キャンパスの給排水・空調設備の工事をめぐり、便宜を図ることへの謝礼と知りながら特定業者から家電製品を受け取ったとして、京都府警は6日、収賄容疑で京大桂地区(工学研究科)事務部管理課職員の糸井達也容疑者(30)=滋賀県東近江市山路町=を逮捕した。また、贈賄容疑で電気設備保守管理会社「デンオーエンジニア」社員の下河春貴容疑者(29)=同県栗東市林=を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。

糸井容疑者の逮捕容疑は昨年5月25日~今年7月9日、京大が随意契約で発注した桂キャンパスの給排水・空調設備の取り付けや修繕工事で、同社を選定するなど便宜を図ることへの謝礼と知りながら、下河容疑者から6回にわたって扇風機や掃除機など家電製品6点(販売価格計約25万円)を受け取ったとしている。

府警によると、2人は仕事を通じて知り合い、糸井容疑者が電話やラインで下河容疑者に家電製品を依頼していた。 同社が受注した工事は、令和元年夏から今夏までに数十回に上り、契約金額は1件当たり数万~数百万円だったという。

京大はホームページで「事実であれば誠に遺憾。事実関係が明らかになった時点で、大学として厳正に対処する」とのコメントを発表した。

yahoo!ニュースより引用

この事件では2名の逮捕者が出ており、お互いの利益のために会社の立場を利用して行われた犯行でした。

スポンサーリンク

糸井達也容疑者のFacebook特定!?

糸井達也容疑者のfacebookを調査したところ、直接的に本人と断定できるアカウントは特定できませんでした。しかし、奥さんと思われる方のアカウントがあり、投稿内容からみても地域的にも近いことから本人ではないかと思われます。

他のSNSも調査たところ、Instagramに同様のアカウントがありましたが特定には至りませんでした。

スポンサーリンク

下河春貴容疑者について

下河春貴容疑者については、Facebookなどでも調査しましたが、特定には繋がりませんでした。引き続き調査したいと思います。

スポンサーリンク

キャンパス修繕費用はどの程度かかるのか?

ある都内の工科系キャンパスの修繕費用では、平均費用で年200~300万円程度が計上されているようです。なので今回の京都大の設備工事でも同程度の費用が当てられていたのではないかと思われます。また、糸井達也容疑者は家電製品6点で25万円相当を受け取っていたということから、受注費用の10%程度の見返りを受け取っていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

過去の京都大の収賄事件とは

京大病院贈収賄事件で元准教授に有罪判決

京都大病院の研究医療機器の納入をめぐる汚職事件で収賄罪に問われた、同病院臨床研究総合センター元准教授、丸井晃被告(47)の判決公判が21日、京都地裁で開かれ、中川綾子裁判長は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 検察側は、丸井被告が自ら賄賂を要求したとし「立場を悪用し、欲望の赴くままに犯行に及んだ」と指摘していた。

 起訴状などによると、丸井被告は平成22年12月~25年9月、研究に必要な機器の納入で便宜を図った見返りに、医療機器販売会社「西村器械」の元社員(39)=罰金60万円の略式命令=からキャリーバッグなど計17点(約95万円相当)を受け取った。

過去にも京都大の関連で汚職事件が起きていました。やはり、大学でもキャンパスが大きくなってきたりすると、動くお金も大きくなるので、不正事件も起きやすくなるのでしょうか。

権力を持ったとしても、正しい方向に使って欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました